ノアレルがどんどん知名度を上げて愛用者を増やしています。
これだけ人気が出た理由としてノアレルの成分が挙げられます。

 

私も愛用していますが数週間で効果を体感することができました。
今回はノアレルに含まれる人気成分のうちピリドキシン塩酸塩について解説します。

 

 

ノアレルと言えばピリドキシン塩酸塩を配合

ピリドキシン塩酸塩

 

ピリドキシン塩酸塩とは別名ビタミンB6です。

 

身体を作るタンパク質の吸収を助ける働きがあります。ピリドキシン塩酸塩を摂取すると、良質なタンパク質がしっかりと吸収され、健康な皮膚や粘膜を作って成長を促してくれます。

 

肌サプリはピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)を配合している場合がありますが
中でもノアレルはこのピリドキシン塩酸塩を配合に作られています。

ピリドキシン塩酸塩が不足すると?

 

ピリドキシン塩酸塩が不足すると

 

・ニキビや吹き出物
・脂顔でもカサカサ
・ニキビの色素沈着

 

などの肌トラブルが起こりやすくなります。

ピリドキシン塩酸塩の効果的な摂取方法

ピリドキシン塩酸塩 ビタミンB6

 

水溶性ビタミンであるピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は体内に貯めておくことができません。
そのため、食事(マグロ、レバー、鶏肉、ゴマ、ガーリック、唐辛子)などから摂取するのが良いでしょう。

 

特に経口摂取で最も推奨されるのはサプリメントによる摂取です。
健康分野でもすでに活躍しているピリドキシン塩酸塩を損なわずに摂取したいならサプリメントが良いでしょう。

 

ピリドキシン塩酸塩を使ったサプリは数が限られている

ピリドキシン塩酸塩 サプリ
ピリドキシン塩酸塩を耳にしたことある人が少ないと思います。
実は、まだ市販でこの成分を使用しているサプリは少ないのです。

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は美容業界で注目を集めており、これからの展開に期待できる成分なのです

ノアレルはピリドキシン塩酸塩だけじゃない!

ノアレルにはピリドキシン塩酸塩以外にも高級な成分が使用されています。

 

成分表を見ると

 

L-システイン
アスコルビン酸

 

L-システインは肌のターンオーバーを根本から改善する注目成分です。アスコルビン酸は別名ビタミンCと呼ばれ、ハリ・ツヤ、くすみ、紫外線など肌トラブルを抑制します。

 

 

ノアレルって使うとどうなるの?

 

ノアレルを使うと

 

・ハリ
・弾力
・みずみずしさ
・シワ
・たるみ
・うるおい

 

などの肌の悩みに働きかけてくれるます。
一緒に美肌を目指しましょう!

 

ノアレルを使うと

 

・乾燥・かゆみ・ブツブツ・粉ふき・カサつき
・赤み・くすみ・ヒリつき
・年齢肌
・化粧ノリが悪い
・肌荒れ・肌の不調

 

などの肌の悩みに働きかけてくれるます。
一緒に美肌を目指しましょう!

 

ノアレルの失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。